試食隊からのレポート


      初めて送っていただいたときの思い・感想

 無農薬で安全でなおかつ私に買える金額の雑穀を探していた所、バーズレストランに
たどり着きました。
でも、すぐには注文せずいろいろ調べました。(疑い深くてすみません)
HPを読み進めるうちに、丸山さんのお人柄も感じられたので注文することにしました。

 初回に購入したときはまだ収穫前だったので限られた物だけでしたが、
メールのお返事もすぐに頂き、発送時も発送しましたとのメールが届きました。
質問にも丁寧に答えていただいたので安心して購入できました。

 商品はみなさんがきれいとおっしゃっている通り、とてもきれいで、
なおかつ梱包も丁寧にされているので、とてもよかったです。
余計な物が取り除いてある丁寧な仕事の上に、生きている種という力が余計にきれいに
感じさせたのではないかと思います。

 商品について(@=見た感想 A=鳥達の反応)

 ★こきび

@ 粒がそろっており、ぷっくりとして実のしっかりしたものでした。
A 餌に混ぜてあげる前に単独であげたのですが、なんの迷いもなく食べ始めました。

 ★あかきび

@ 粒の大きさも形もこきびと同様ですが、色が赤に近い朱色で、きれいでした。
  こきびとの違いは色のみのような気がしますが、ある程度色を識別できる鳥さんには
  食べる楽しみと言う点で、いろんな色の種をあげて楽しみを作ってあげたいので、
  少しだけでもよいので作っていただきたい物です。
A こきび同様単独であげてもなんの迷いもなく食べ始めました

 ★そば

@ 市販の物と比べ実がしっかり育っているために大きく、色も濃いものでした。
  元気なそばというイメージです。
A 多めに入れてあげると、先に食べてしまうようで、餌の掃除(1日2回)の時に
  足してあげるほどよく食べます。

 ★茶きび(茶きびの穂)

@  ある方のHPできび穂を見たのできび穂も粟穂同様に穂付の状態での保存が可能だ
  と思い込み、丸山さんに穂つきでお願いしたいと無理を言ったところ、茶きびなら可能
  だということで、注文させていただきました。 梱包が丁寧にされているので驚きました。
  茶きびはこきびと比べ少し大きな種ですが、フィンチでも十分に食べれる大きさでは
  ないかと思います。茶色く光っていて、とてもきれいな種です。

A 我が家はびっくりさんの多いオカメインコなので最初は近づかなかったものの、
  30分ほどするとに警戒しながらも近づいて、あっという間に鳥だかりとなり実のなくなっ
  た穂まで取り合いしバラバラに破壊して遊んでいました。
  おやつとおもちゃを両方兼ねた我が家の放鳥時の必須アイテムになっています。
  繁殖前後は穂を崩し、餌に混ぜてあげました。 

 ★ 粟穂

@  ぎっしり実がついているというのが第一の感想です。市販の貧弱な物とは違い
  とても食べがいのある粟穂です。
A  届いてすぐにあげると、どの子もお腹いっぱいになるまで離れませんでした。
  オカメインコはフィンチと違ってガブッと一噛みで口の中に何個かを入れそれを
  1個ずつもぐもぐ食べるので、噛み付くときにバラバラ下に落ちるのがもったいない
  ので、放鳥時にあげて、落とした粟は殻と選別し、朝の餌の掃除のときに上に
  パラパラかけてあげます。
  今までは籠の止まり木に止まり、“ごくろ〜さん!”と眺めていた子達が最近は
  まだかまだかとえさ入れの低位置でうろうろ待つようになりました。

 ★ ひえ穂

@  まだ実の育っていない物を見本として送っていただいた事があったのですが、
  その時はのぎ毛がすごく、これでは食べるときに大変そうと思ったのですが、実際に
  収穫し手元に届いた物はのぎ毛は気になりませんでした。
  ぎっしり実がついており、1房ずつあげることも可能なほど立派な物です。
  粒をむいてみると、薄いグレーの光った種が見えてきました。
  稗はこきびと違い光る種ではないと思っていたのですが、光っているのでビックリしま
  した。粒も市販の物より大きくぷっくりとした実のしっかりとした物でした。
  ひえを見本で送っていただき穂からはずしあげてみると、どの子も競って食べて、
  いつもなら負けてしまう子が、負けずに食べていました。
  始めて見た姿でした。よほどおいしかったのでしょうね。

A  我が家で最も警戒された物でした。しかし、我が家1番の食いしん坊のオカメは
  1時間後には近づき1度口に入れるとバクバク食べていました。その後他の子たちも
  食べていました。怖さよりもおいしさが勝ったのでしょうね(笑)

 ★ オーツムギ(殻つき)

@ 我が家では殻つきのものを注文しました。しっかりした物で、手で剥いてみたところ、
  ふっくらした物が出てきました。また、そのままあげるだけではなく、
  土に植えて育った葉っぱを若いうちにあげたところ、どの子もパクパク食べました。
  50センチ近く育ってしまっている我が家の小松菜より好評でした。

A  最初は剥くのがへたくそで失敗し、実を落とし殻をもぐもぐしていたので、
  かわいそう(もったいない(^^;) )だったので手で剥いた物をあげたら理解したようで、
  数日後には自力で食べるようになりました。
  ちゃんと蝶型になるまで上手に食べています。

 ★ ひまわり

@  3種類のヒマワリを注文しました。アメリカ食用とノースクイーンとアメリカンスナック
  です。 アメリカ食用は大きめで、残りの2種はサフラワーと同じくらいの大きさです。
  市販の物や外国の飼料の中に入っている物は穴が開いていて小さな虫が入っていた
  りするのですが、そういう虫食いは見当たりませんでした。 また、色も鮮やかで黒く、
  見るからに新鮮な物でした。市販の物と比較して一番違いに驚いたのがヒマワリ
  でした。

A  どの子も大好きな種です。アメリカ食用はえさ箱に入れておくと、落としてしまうものが
  多かったので、放鳥時にあげています。
  小さな種の2種は餌箱に入れておいても下に落とすことなく上手に食べていました。
  あげすぎや、ヒマワリだけをご飯にする事は良くありませんので、その子の状態や
  季節によってあげる量を調節しています。

 ★ エゴマ

@  名前は知っていたのですが初めて実物を見ました。小さい種です。丸山さんに食べて
  みて〜とメールで言っていただいたので少し食べてみると香ばしくておいしかったです。

A 少ししかあげていませんが、1羽の子を除いたみんなはよく食べます。
  カロリーもあるようなので、少しづつあげていこうと思っています。

 ★ 全体的に ★

どの種もおいしそうと言うのが共通した感想です。
ぷっくりとしており、鳥さんのご飯にはもったいないと思えるほどしっかりとした良い物です。
目に見えない植物の生命力を鳥さんがもらい、命のリレーをしているようです。

下痢などをする鳥さんもいるようなのであげ始めは不安でしたが、我が家では
最初からたくさんは与えず徐々に慣らしていったのもあってか、下痢や嘔吐などは
見られませんでした。 弱い個体ではどうかはわかりませんが、
特に大きな病気のないわが子達は、逆に糞の状態がよくなりました。

我が家での食べさせ方

@  スプラウト

どの種も安全な無農薬で生きている種なので、スプラウトとして食べさせてあげても安心な物です。ただ、作る際に細菌やカビの繁殖にとても気を使わなくてはいけませんが。
作ってあげたところ、よく食べました。

古い種では発芽率も落ち腐敗の元なのでだいぶ取り除くことが多いのですが、
丸山さんの種でした時は、100%に近いほど発芽率が良かったです。
今度は粟穂をそのまま発芽させ、粟穂スプラウトに挑戦しようかと思っています。

ただ、上手に作れない場合や管理がきちんとできない場合は、
スプラウトはやめておいた方がいいと思います。
スプラウトにすると、栄養価が跳ね上がり、とても栄養に富んだおやつになります。

A  クリッカートレーニング

噛み付いて手に乗らなくなったオスの子がいたので、クリッカートレーニングを遊びという
意味も含めて始めました。
その結果手にも乗れるようになったのですが、最近ペアとなり父親になった今は、
以前のガブ男くんに戻ってますが。。。

その時にご褒美として特別な物を作らないと良い行動を強化する事ができないので、
サフラワーやヒマワリなど、嗜好性の高い物をえさ箱から抜いて、
トレーニングの時にあげていました。  アメリカ食用のヒマワリは大きく、
人の手でも剥きやすい上に、小さく割ればよいご褒美になるのでとても重宝しました。

頭を下げる動作で“ちょうだい”を伝え、ご褒美をもらい、もうおしまいとご褒美ケースを置く
と、もっとほしいとその場で回り“ターン”をしますするとおねだりに弱い飼い主はまた
ご褒美をあげるという図式です。
最近は私がオカメインコにトレーニングされているのかもと思えてきました。(笑)

訓練としては厳しくはしていませんが遊び程度にすることで、鳥さんと一緒に楽しみ、
鳥さんもこうすると嬉しい事がおこるという図式を学習する事で安心を得ているようです。

B 繁殖

この秋我が家のペア1号が繁殖に成功しました。ヒマワリの種もたくさん食べます。
切らさないように数回/1日補充します。 驚くほどよく食べました。
小さい子にあげる物なので安心してあげられる無農薬のヒマワリはとても
助かりました。おかげで2羽のヒナも大きくなりました。

ハムスターの反応

我が家には2年になるジャンガリアンハムスターがいます。
寿命が短い動物なのでだいぶお年寄りなんです。

その子にもおすそ分けをしてあげ、眠っている時に鼻先に茶きびの穂を近づけると、
始めは鼻をひくひく動かし始め、ひげを動かし始め、飛び起きました(笑)
抱えるように大事に持って完食していました。きっと植物のエネルギーを
もらって長生きできるんじゃないかと思います。

我が子の反応

そんなに都会に住んでいるわけではないのですが、我が家の子供は雑穀の穂付の
状態では見たことがありませんでした。

初めて見た稗穂や茶きびの穂を見て、稗はどんな風に育つの? 
茶きびってどうして稗と形が違うの?と学習意欲なのか興味半分なのか
理科のお勉強が始まりました。
北海道から送っていただいたと話すと、北海道はどこだっけ?
寒い所?などと、社会のお勉強。。。

親である私や鳥さんに嬉しい雑穀なだけではなく、我が子までも丸山さんの雑穀に育てられました。
温かくなったら庭で育ててみようかと思います。うまくいけば鳥さんのご飯にもなりますし。

 
最後に・・・  里親様無事にみつかりました。 (05/12/15)

我が家でオカメインコのルチノーのヒナが2羽生まれました。♂♀は判別できませんが、
元気に育っております。

  我が家の希望は

転売や他の動物の餌になったりするのを防止したいので有償です。

病院に健康診断も含め連れて行っていただける方

一生かわいがっていただけるかた

手乗りなので、毎日遊んでいただける時間が取れる方

お渡しは手渡しのみです。私の家(三重県)か近くの駅やインターでのお渡しです。

近況をおつたえいただける方(お渡しした後数日と、その後は思い出したときで結構です)

  以上が私の希望です。

  詳細はメールのやり取りで決めさせていただきたいと思います。

  メールアドレスは、hanepen_september@mail.goo.ne.jp です。

  HN 羽ぺん までお願いいたします。 (05/12/6) 
  
  今回の雛の里親様は無事に見つかりましたので募集は締め切りました。
                         

写真撮影日 05/12/4 二羽一緒に。

羽ペンさんは、05年11月16日と20日生まれの二羽のひなの里親様を募集
されていましたが、無事に里親様がみつかりました。
今回の募集はもうされておりませんが、インコの雛は毎年生まれるものですので
近郊の方で里親希望の方は次回申し込みされてはいかがでしょうか。


戻る